ブログ

2016年の金産出量は世界全体で3,100トン。

2016年の金産出量は世界全体で3,100トン。

2015年と変わらず横ばい推移。

国別では1位の中国が455トン。

以下、オーストラリア、ロシア、米国、カナダ、ペルー、南アフリカと続きます。

2016年の金産出量上位を占める国と生産量、シェア、前年産出量は以下のとおり。

1位:中国 455t(15%)450t

2位:豪州 270t(9%)278t

3位:ロシア 250t(8%)252t

4位:米国 209t(7%)214t

5位:カナダ 170t(5%)153t

5位:ペルー 150t(5%)145t

7位:南アフリカ 140t(4%)145t

8位:メキシコ 125t(4%)135t

9位:インドネシア 100t(3%)97t

9位:ウズベキスタン 100t(3%)102t

上位10カ国が年間産出量100トンを超え、11位以下にはガーナ(90t)、ブラジル(80t)、パプアニューギニア(65t)と続きます。

上位13カ国で世界全体の71%の金を産出しています。

供給面では、鉱山産出量が3,236t(前年比+2.9t、0.1%)、リサイクルが1,308.5t(+192t、17.2%)とリサイクルの供給量がここ数年増加傾向にある。

(参考・ワールド・ゴールド・カウンシル発表資料より)

関連記事

高く売るコツは?

高く売るコツは?

高く売るコツは?

高く売るコツは?

お客様の声

お客様の声

本の紹介

本の紹介
ページ上部へ戻る