お知らせ

昨夜(8日)のNY「金」市場は小幅続伸、1299ドル

昨夜(8日)のNY「金」市場は小幅続伸、1299ドルです。

ドル高が上値を抑える中、先進7カ国(G’)首脳会議(サミット)を今週末に控えリスク回避の高まりが支援材料になり、

1296ドルから1300ドルの狭いレンジは番の中、1299ドル(前日比2.2ドル高)、

プラチナは898ドルから911ドルのレンジ幅の中、905ドル(同6ドル高)。

東京工業品の夜間取引の「金」は109円半ばの円相場を加味して4570円(前日終値比1円高)、プラチナは3166円(同12円安)。

為替は109円47銭、ユーロ・ドルは1.17710で週末取引を終えた。

*メリンダダイヤモンドの買取り業務は3月末で終了致しました。

長年ご愛顧頂き感謝申し上げます。

会社所在地も3月末で近所に引越しました。

ニュース配信のみしております。

ページ上部へ戻る