お知らせ

昨夜(15日)のNY「金」市場は急落、1290.3ドル(22.3ドル安)

昨夜(15日)のNY「金」市場は急落、1290.3ドル(22.3ドル安)です。

、本日発表された4月米小売売上高が2カ月連続のプラスになるなど、

強い経済省から米10年物国債利回りが再び3.09%へ上昇したことを背景にドルが対ユーロで買われ、

ドル建価格の「金」の割高感に1307ドルのこの日の高値から200日移動平均線1306ドルを割り込み1288ドルまで急落し、1290.3ドル(22.3ドル安)近辺。

プラチナは前年より更に供給過剰となるジョンソンマッセイ社のレポートから894ドルから908ドルのレンジ幅の中、895ドル(14ドル安)近辺に急落した。

東京工業品の夜間取引の「金」は110円前半の円相場を加味して4581円(53円安)。

プラチナは3218円(同3円安)。

為替は110円29銭、ユーロ・ドルは1.18233近辺で推移している。

16日、国内買い取り価格の指標となる田中貴金属工業の「金」建値は税込価格は4585円(前日比50円安)、プラチナは3413円(26円安)です。

*メリンダダイヤモンドの買取り業務は3月末で終了致しました。

長年ご愛顧頂き感謝申し上げます。

会社所在地も3月末で近所に引越しました。

ニュース配信のみしております。

ページ上部へ戻る