日々つれづれに

  1. 「物の芽の喜々として春競ひけり」

    オフの日曜日のんびり散歩です庭の蕗の薹もクロッカスも韮花もタンポポも梅も春の日を受け主張しているようです。

    続きを読む
  2. コーシャフード(ニューヨークの思いで)

    コーシャフード(ニューヨークの思いで)今でも20年、30年前のことで夢に見るのは、ユダヤ人相手のダイヤモンドの仕入れの風景です。ニューヨーク、イスラエルでダイヤモンドの仕事をしていた1980年代から1990年代はその相手は殆どがユダヤ人です。

    続きを読む
  3.  ダイヤモンドは永遠にA diamond is Forever(ダイヤモンドは永遠に)007シリーズにもこのタイトルが有リましたね。マーケティングの歴史の中で最も成功したコピー・スローガンと言われます。

    続きを読む
  4. 中央銀行の「金」が金庫に眠っているという不思議な話

    有事の「金」、地政学的リスクが言われるたびに輝きを増す「金」、国家(中央銀行)が準備資産として実物資産を持つように個人も資産の一割程度を「金」に保全して持ってゆくのも良いかもしれないですね・・。

    続きを読む
  5. 709カラットの原石を採掘

    西アフリカのシエラレオネ政府が、709カラットの巨大なダイヤモンドを競売に出す。

    続きを読む
  6. サイコロ遊び(ニューヨークの思い出)

    サイコロ遊び(ニューヨークの思い出)虫の夜はふと昔のことを思い出し、昔の知り合いを懐かしく思い出したりします。

    続きを読む
  7. 「迎へ火の煙しみじみ身に沁みて」

    「迎へ火の煙しみじみ身に沁みて」13日の日曜日は風のない暑い中のゴルフでした・・夕方は迎え火を焚き両父母や親しき人達を思い酒を酌み合い盂蘭盆の精霊と向かい合うことに・・。

    続きを読む
  8. 雨の日も咲き続けたり百日紅

    夏休み初日はゴルフです・・・細かい雨が一日降ってましたが、いつもこの時期のゴルフ場はがらがらです・・一日中前後に人が見えず2人で貸切みたい。

    続きを読む

過去ブログはこちら

過去ブログはこちら

本の紹介

本の紹介
ページ上部へ戻る